月別アーカイブ: 2013年11月

ワゴンRを契約しました。

基本的にオートバイのことを書くブログなんですが、久しぶりに我が家の大きな買い物なので。
今日、ワゴンRを契約してきました。先週の日曜日にちょろちょろっとディーラーを軽く回ってカタログを手に入れ、昨日・今日は丸々二日間ディーラー/モータースを6軒回りました。
最初、タント/スペーシアもいいかな、荷物積めそうだし、もしかして125ccくらい載るかも。とか、アルトエコやミライースなんかも安くて低燃費でいいかも。とか思っていました。
タント/スペーシアの勝負は明らかにタントの勝ち。左側スライドドアと助手席ドアの間にピラーがないのは圧倒的に有利。助手席もタントは完全に倒れて平らになるけどスペーシアは中途半端にしか倒れない。小さな子供がいるとか、自転車に乗って学校に通う子供がいて雨の日の迎えに行って自転車を積むとなるとタントが一番ですね。でも、タントと言えども125ccは載りそうにないことがわかりました。子供がもうすでに一人暮らししているのでタントにする必要はありません。タントはリアシートを倒すと効率よく大きな空間が得られますが、スペースを効率よく使うためにシートの倒し方が2アクションなんですね。それも割合ちからとコツが必要。ワゴンR等は1アクションでシートが倒れます。大きな荷物を積むことはないのでワゴンRで十分かなと、我が家には。
アルトエコとミライースは安くするため、燃費のために軽くするため、かなり安っぽいです。軽自動車ってそんなもんだよ、安ければ良いじゃん、って割り切れればいいのかもしれません。でも、リアシートが左右一体とかリアシートヘッドレストがないとか、うーむ。で、極めつけは、衝突回避/軽減装置の設定がないのです。軽自動車の30km/h以下限定(他にもいろいろ制限ありますが)の衝突回避/軽減装置なんてほんの気休めだよ、と言う話もありますが、5万円でその気休めを手に入れられるのならぜひ欲しいのです。よって、アルトエコ/ミライースは没。
ワゴンRとムーブが売れる理由は上記の通りです。衝突回避/軽減装置はぜひ欲しい。おっ、OEMのマツダフレア(ワゴンR)とスバルステラ(ムーブ)も候補になりますね。個人的にはワゴンRのあのつり目はちょっと品がないなーと思います。ムーブの外観デザインのほうが品があります。ムーブのリアゲートは横開きでこれも便利だと思うんだけど。でも、ムーブの衝突回避/軽減装置はワイパーを使うと強制的にオフになってしまいます。フロントバンパーに赤外線レーザーレーダーが仕込まれているので雨粒、泥などで誤作動するのだそうです。フロントをちょっとぶつけた際に赤外線レーザーレーダーが壊れるので修理費用が高くつくかも。その点、ワゴンRの赤外線レーザーレーダーはフロントガラスの中にあって、ワイパーの範囲内なので雨が降っていてもOKです。赤外線レーザーレーダーの感知範囲は6メートル程度なのでフロントバンパーにあるのとフロントガラスにあるのでは、距離的にはフロントガラスにあるほうが不利なはず。でも、ほぼ両社同じ性能なのでスズキはがんばったなーと思います。ムーブの、雨が降るとせっかくの衝突回避/軽減装置が機能しないのはいやですね。
マツダフレア(ワゴンR)は驚いたことにベーシックグレードに衝突回避/軽減装置の設定がありません。豪華グレードにしかオプション設定がないのです。これはスズキのマツダに対する嫌がらせとしか思えません。なのでマツダフレアは除外です。
実は、スバルステラとムーブは10月29日に年次モデル変更がありました。エマージェンシーオートハザードが追加されたことだけがその違いらしいです。スバルステラは、青色のベーシックグレード+衝突回避/軽減装置のついたまさに私が欲しいモデルが旧年次モデルとして一台在庫があるとのこと。すんごいお買い得価格を提示されました。正直これで決まりと思ったのですが、なぜか妻はワゴンRが良いのだと、高くてもワゴンRが欲しいと。理由を聞いてもいまいちよくわからない。15万円も安いのだから多少機能が劣っていても買いでしょ、って思ったのですが、それが妻がワゴンRが良いと言う理由のようです。つまり、値段比較だけで決めようとする私に対して、「じゃー、あんたのあのオートバイはなんなのよ。」っていう感じでしょうか。
はいはい、私のオートバイに飛び火したらそりゃ大変なことなので、ワゴンRに絞ることにしました。それにムーブ/ステラは、ベーシックグレードだとマニュアルエアコンになってしまう、そしてメーターが貧租なんです。さらに試乗して驚いたのですが、ワゴンRの方がパワーが一割り増しくらいで、アイドルストップからエンジン再スタートする感じが実にスマート(自然)で静か。乗り心地はちょっとムーブの方が良かったかな。車重がある分、細かい突き上げ感が少ないのかも。しかし、ワゴンRのあのメーターは驚くほど立派。エコな運転をしているときには目盛りプリズムが緑色に光り、エコな運転でなくなると青色に変わります。それも緑か青かの2色変化ではなく、緑⇔青でじわーっと変わるのです。要るか要らないかと言われれば要るわけないタコメーターもちゃんと付いています。運転が終わるとエコ採点をしてくれます。瞬間燃費を表示させて目盛りプリズムの色を気にしながら走り、走り終えたらエコ採点を見る。なかなかたいしたもんです。
で、結局ワゴンRにしました。14年、8万キロ乗ったプレオを2万円で下取りしてもらい、車両本体価格の値引きは96,000円、ディーラーオプションのマット、バイザー、前後マッドガードを付けて4万円のところを2割8千円値引き、合計支払い金額は1,180,000円です。ベーシックグレードFXに、衝突回避/軽減装置・ESP・チルトステアリング・シートリフターのセットオプションと、工場オプションのCDプレーヤー付きです。
がんばった割りに車両本体価格が下がらなかったなーという気はしていますが。

その後のXL250S燃費

昨日、性懲りもなくまた修善寺の温泉に行ってきました。先週の温泉から数百メートルの距離にある温泉です。温泉というか共同浴場です。誰でも200円です。多分近所の人は無料だと思います。そういう所があってもいいと思います。
で、当然ほぼ同じルートで200km走って燃費は・・・28.5km/L。Oh my goodness!
判子で押したかのように同じ燃費。ピストンとシリンダーがなじんだらちょっと燃費が良くなったりして、というかすかな期待は裏切られたのでした。でも、異常なオイル消費は直ったみたい。これだけで良しとしましょう。
ガンジーさん、ありがとうございます。ピストン×シリンダーではないとすると、確かに動弁系が怪しいです。カムシャフトチェーンは、オリジナルをそのまま使ったか、部品取りエンジンのものを使ったか、はっきりとは覚えていないです。多分、オリジナルのものを使ったと思います。エンジンが焼きついた際にチェーンに悪影響を与えたかもしれません。
または、クランクケース内に何か問題があってフリクションが大きいのかもしれません。
我が家のプレオが10年以上になり、シリンダーヘッドカバーからまたオイル漏れ。女房がそろそろ新しい車に替えたいと。いろいろ調べてワゴンRにしようかなと。速度差30km/hまでなら衝突回避または衝突ダメージを軽減できるオプションをつけて。ワゴンRって実燃費が20km/Lを余裕で超えるんですよね。たいしたもんです。800kgもの巨体を走らせてこの燃費。

XL250Sの燃費が・・・

昨日11/3、XL250Sのピストンとシリンダーの慣らしを行うために修善寺の温泉に行って来ました。200km強走って燃費が28.5km/L。あらまー、かなりおとなしく走ったのに。
ピストンとシリンダーだけなので慣らし運転としては200kmも走れば十分でしょう。
もう燃費のことを考えるのはやめときます。ただ、オイル消費は直って欲しい。あと2~300km走ってオイル消費量を確認します。

XL250S組み上がって試走しました。

XL250S全て組み上げました。キック2発で始動。いい感じ。数キロ走って特に問題はなさそう。
まずは、前回やままささん、おもてなしのオフ会復路245kmを走ったままだったのでガソリン補給。28km/Lでした。オンロードのツーリングでこの燃費。やっぱ、調子悪いですね。オイル消費も激しかったし。
今回はとにかく慎重に組みました。シリンダーとピストンになぜあんな縦傷を作ってしまったのか。自分のオートバイだから許されるけど、これがもしオートバイ屋だったら店じまいしなければいけないような事態だと思います。
XLのエンジンを何回か分解してやっとXLのエンジンのことがわかってきました。素人は1車種だけかなーと思います。終のバイクとしてシルクロードが欲しいなーと思うのです。