CG125のエンジン不調再び・・・2年ぶりに

購入から5年半、35,000km。2年ほど前20,000kmのときに起こったエンジン不調と同じような状態が昨日、再発しました。エンジンの燃焼が間引かれる感じでついにはエンストして再始動不可になりました。2年ほど前の時には100km以上だましだまし走れたのですが、今回は症状が発生して10kmほどで息絶えてしまいました。
結論は、CDIから点火コイルにつながる信号線の途中にあるオス・メスギボシ双方の電気接触部にこれまで見たことのない腐食らしきものが発生していて点火しなくなってしまったのでした。本日それを見つけてヤスリで磨きグリスを塗って接続し直しました。その腐食は溶接時に発生するスパッタのような感じでした。
昨日10/10(土)、出先からの帰り、片側二車線の国道バイパスにある長~いトンネルのなかで5速レッドゾーン越え100km/h弱で巡航した後、トンネルを抜けて1kmほどでガス欠のような症状が発生しました。とっさにリザーブにしましたが症状に変化はありませんでした。最終給油の走行距離を確認するとまだリザーブになる距離でないことがわかり燃料コックをOnに戻しました。走行負荷をかけると燃焼が間引かれる感じがどんどん増していき、だましだましぎりぎり家に着きました。家に着く前に2度ほど信号待ちでエンストしました。その2回はなんとか再始動できました。家に着いてエンストしてからは再始動できませんでした。点火プラグ(DPR8EA 9)のギャップが1.2mmほどに広がっていたので紙やすりで磨いた後に0.9mmに調整しました。それだけではまだ点火しなかったので、他の原因を探っていて上記の不具合に気付いて対処しました。走行距離的に点火プラグは交換時期なのですが、焼け方は多少白いかなという程度、ギャップは大きくなっていましたが電極の荒れはなく、まー問題ない感じでした。
2年前の林道キャンプツーリングの帰り道で調子悪くなった症状とほぼ同じでした。あの時よりもっと短時間で悪化した感じです。あのときも真の原因はこれだったんだろうなーと思います。あのときは点火プラグを交換して、キャブを分解掃除して、エアクリーナーを掃除しました。それで直ったかのように思ったのですが。あの時に見た弱々しい火花に比べて、今回ギボシをきれいにした後の火花はずっと強いような印象を受けました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください