卒業できないって、何を今更・・・

3日ほど前、女房が息子に電話して発覚しました。卒業留年だそうです。
卒業論文が通って発表も無事終わり、学会誌に載せてもらえることも決まり、大学院の研究室も決まっていたのに、必要な単位が取れず卒業できないって、なんだそりゃ?
確かに変わった大学で4年生の後期に、後期にしか取れない必須科目があるため全員に卒業留年の可能性があるのですが、見事それに引っかかったと。
楽しい趣味にのめり込むのもいいけど、卒業留年ってなんだかなー。
ということで、本人も反省して、半年間、卒業に必要な単位以外もたっぷり勉強して大学院入学試験に再挑戦して卒業し、半年遅れで大学院に進学し、1年半で大学院を修了すると。
そしてこの半年間は自分で金を工面すると。
まー、後で「あれは良い刺激になった。」と思えるようになれば良いんだけど。

卒業できないって、何を今更・・・」への2件のフィードバック

  1. マニア次長

    あれまあ、お母さまの御不幸の後に・・・。
    実は私も卒業留年をやりました。
    バイトで生活費を稼いでいた為、最後の読みを誤って、優秀な仲間4人を道連れに・・・。
    その連中とは、一昨年札幌で還暦祝いを♪ みんな「ワクワク動物ランド」に変身でした。

    父と息子の確執は有ります。
    息子さんは、生涯父親に金の迷惑はかけまいとします。
    私も、現実社会を肌で感じた瞬間でした。 (ぬるま湯から放り出された感じ)
    父の顔を見て、家との決別を決めました。
    今は父の気持ちも、息子さんの気持ちも分かる。
    大きく成長します。 見守ってやる事しか出来ないけど、エールを。
    結果が解決してくれます。

    返信
  2. みっく

    ありがとうございます。マニア次長さん。
    いろいろなことが起きたこの2ヶ月ですが、まー、後できっと笑い話になるさ・・・と。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。