月別アーカイブ: 2018年2月

XL250Sの非分解フューエルコックを分解してパッキンを交換

1979年のXL250Sも既にフューエルコックは (基本的に) 非分解構造なんですよね。
数年前からフューエルコックがほぼOffなのに燃料が流れてしまう、とかってなっていました。フューエルコックレバーを真横にすればOffになるのに、ほんのちょっと傾いているとOnになってしまう。Reserveとの切り替えは問題なく機能していたので放ってました。
でも、そのうちだめになるんだろうなーと、XLオフ会で話をしていたら、「みつ」さんが「俺はXL500Sのフューエルコックのパッキンを交換したよ。」とのこと。On / Off / Reserve を切り替えるためのパッキン単体は、XLのパーツリストに載っていません。だって、フューエルコックがカシメられていますから、当然アッセンブリー交換です。
「みつ」さんのお話ではCBなんとかのフューエルコックが分解可能構造でそのパッキンとXLのパッキンは共用なのだそうです。そんなこと知っているってすごすぎる。
その On / Off / Reserve を切り替えるためのパッキン単体 ( 四ツ穴のパッキン) の品番は下記です。
16955-268-020
「みつ」さん、ありがたや~、ということでパッキンをだいぶ昔に買っておきました。そして、2週間前に雪の中、林道ツーリングに行って帰ってきてフューエルコックをOffにするつもりで、ちょっとレバーをこじったらガソリンがだだ漏れしました。こじらなければとりあえず大問題にはならないのですが、レバーを押す感じでこじると確実にガソリンがだだ漏れします。こりゃ、さすがになんとかしなきゃ、と。
今日、フューエルコックを分解してパッキンを交換しました。
交換後の姿がこの写真です。
フューエルコックのレバー押さえ板がねじで留められているのがわかりますか?
元々は、ねじではなくカシメです。
燃料タンクのガソリンを抜いて、フューエルコックを燃料タンクから取り外し、フューエルコックのカシメ部分の頭を慎重に5mmドリルで揉んで削り落として分解しました。
取り出した四ツ穴パッキンは、いくらか変形していました。40年近くガソリンと接して押さえ付けられていたのですから当然です。新品のゴムの柔らかさとは確かに違う硬さですが、見た目的には大差ありません。
フューエルコック本体のカシメ部分の中央にドリルで慎重に2.5mm穴を開けました。貫通させるとドリルが折れてしまいそうな裏側形状なのでぎりぎり貫通しないような深さでとめました。このために買ったM3タップ #1, #2, #3を使ってM3雌ねじを切りました。非貫通M3雌ねじは力加減が難しいです。
On / Off / Reserve を切り替えるための四ツ穴パッキンは、純正代替品が見つかりましたが、フューエルコックと燃料タンクの接続部分をシールするパッキン「外径16mm, 内径9mm, 厚さ2mm」は用意できませんでした。仕方なく、キタコの耐ガソリン性ラバーシート 厚さ:1mm 材質:H-NBR 品番:0900-094-09010 を利用することにしました。円切りカッターで外径を切り出し、9mm穴あけポンチで内径を切り落としました。1mm厚さのままだと短い期間でへたりそうなので2枚重ねにしました。円切りカッターを今回始めて使ったのですが、要領を得るのにいくらか練習が必要でした。普通のコンパス同様、強い力をかけてはいけない、すーっと、何周か回して焦らず少しずつ切り込みを深くしていく感じです。
写真は使った部品と工具です。
無事に完成してフューエルコックを切り替えるとスムーズに動き、正しく動作しました。楽しいなー。

ゼファー750とハイパーモタードのエンジンがかからない、のその後

ゼファー750とハイパーモタードのエンジンがかからない、と大騒ぎしながら、6千円もするバッテリーを各々に買い、さらにゼファー750には4万円以上もする新品セルモーターも買いました。
で、結局、どちらもバッテリーを交換して問題が解決しました。ゼファーの古いバッテリーは、軽負荷だと問題なく振る舞い、セルモーターを回すような重負荷だと役立たずになってしまうというなんともややこしい状態だったのです。せめて毎週乗っていれば気づいたのでしょうが・・・
どうしましょう、この4万円以上もする新品セルモーター。