カテゴリー別アーカイブ: ハイパーモタード

ゼファー750とハイパーモタードの車検に行ってきました。

年末年始休みの初日、官庁最終日の今日、ゼファー750とハイパーモタードのユーザー車検に行ってきました。さすがに何回かやって慣れたので、午前中だけで二台の車検を済ませました。運輸支局と自宅を往復するだけで1時間半以上かかるので午前中だけで二台済ませるってなかなかでしょ?
二年前の車検の時に必要書類のブランクフォームを二台分持ち帰って自宅で昨日全て記入しておきました。
今回の「ほー。」は、ヘッドライト検査とかで一度不合格になって二回目を受ける際には、一回目が終わった後に最終確認ボックスで検査官の確認を受ける必要がある、でした。一回目でヘッドライトが不合格になったのでいつもの民間車検準備屋でヘッドライトを調整してもらい、二回目を受けようとしたら検査官が「最終確認ボックスで確認を受けましたか?」って訊くのでなんのことかと思いました。二年前はそんな必要なかったのに、変わったんですね。
二つ目の「ほー。」は、私は新車当時からハイパーモタードのヘッドライトにGARUDA製HIDキットを付けているのですが、実は結構これが厄介だとわかりました。一回目でヘッドライトが不合格になったので民間車検準備屋に行って調整してもらいました。数ヶ月前、フロントーフォークを分解するためにヘッドライトを外したので光軸がずれていてもしようがないな、とは思っていたのですが、民間車検準備屋で「光がかなり左右に広がっているので機械で光軸中心を判定しようとすると瞬間的に左右に振れて不合格になりやすいですよ。ヘッドライトレンズの左右両端を両手で覆うと光軸中心は安定するけど、明るさが150ないのでどうかなー。もしだめならオリジナルのハロゲンライトに換えないとだめかもしれませんよ。」へー、そうなんだー。今まで、光軸の上下だけ調整すればOKだったのでそんな危機感を持っていませんでした。
二回目のヘッドライト検査で、一回目、なんとNGでした。続けざまにもう一回だけできるのですが、同じ状態でやってもNGになるだろうと、とっさにヘッドライトレンズの左右両端を両手で覆ってみました。結果、合格! うーむ、結構きわどかったのね。
ハイパーモタードの検査のとき、検査場はガラガラで検査官は暇そうでした。検査官が「検査はひとりでできますか? 付きましょうか?」って言ってくれたのですが、お断りしました。検査官が付いていたらさすがにヘッドライトレンズの左右両端を手で覆うわけにはいかないですからねー。
三つ目の「ほー。」は、OCRシート(継続検査申請書)がこの年末から無料になりました。今までは一枚30円でした。なんでこれだけ有料なのかとっても不思議でした。多分、用紙そのものは一枚2円くらいでしょう。それを売って領収証を発行する人件費と場所代が28円だったのでしょう。で、やっとその不思議が解消されることになりました。
四つ目の「ほー。」は、ヘッドライトで不合格になったために最終確認ボックスでもらった「保安審査における不適合状況のお知らせ」という紙を見て、スピードメータテストに関してなるほどと思ったことです。ゼファーでスピードメータテストを行った際に、「メータが40km/hを指したらフットスイッチから足を離す」という場面でつま先は離したのにかかとがフットスイッチに残っていてタイミングが遅れNGになってしまいました。続けざまにもう一回できたのでそのときには失敗せずにできました。「保安審査における不適合状況のお知らせ」にスピードメータテストでは、「メータが40km/h表示のときに、実速が29.1km/h以上、42.5km/h以下であること。」と書いてあります。つまり、メータが40km/hキッチリでフットスイッチを操作する必要はないということです。メータ表示が35km/hあたりでおもむろにフットスイッチから足を離せば良いということです。
五つ目、最後の「ほー。」は、同じく「保安審査における不適合状況のお知らせ」に書いてあるヘッドライトの明るさに関する基準です。15,000 cd 以上、430,000 cd 以下であること、です。民間車検準備屋で「明るさが150以上必要。」と言っていたのはこのことです。桁数がずれているけど光度のことです。光の明るさは日常生活に直結しているのですが、明るさの基準というか明るさを定量的に述べるのはなかなか難しいのです。光度 (単位: cd 、光源からある方向に発する明るさ・エネルギー)、光束(単位: lm 、ある面を通過する光の量・明るさ)、照度(単位: lx 、ある面を照らす光の明るさ)、輝度(単位: cd/m^2、面積のある光源の明るさ) と、明るさを表す物理量は何種類もあります。因みに光度(cd)はSI基本単位7個のうちの一つです。唯一、ヒトの感じる量を表す心理物理量です。で、15,000 cd 以上の光度が必要なのですが、光度は厳密に言えば、面積を持たない点に向かう光の強さです。しかし、実際に光の強さを計るためには、光を受けるセンサーの面積が必要です。つまり、光の強さをセンサーの面積で平均化する必要があります。車検に使われるヘッドライトテスターの光センサーの大きさは誤差を吸収するために結構大きいと思われ、多分、あのヘッドライトテスターの表面の面積の7割ぐらいではないかと。と言うことで、私のハイパーモタードのHIDのように縦に狭く横に広い光でも十分に明るければ光軸が多少ずれていても光度はOKなはずです。ただ、横に広いと機械が判定する中心が瞬間的にずれやすいのでNGになりやすく、それを回避するためにヘッドライトレンズの左右両端を覆うというのが有効になります。

車検に必要なもの
1. 自動車税納税証明書 (領収証ではだめです。私の後ろの人が領収証しか持っていなくてがっかりしていました。紛失した場合、市役所で発行してもらえます。無料。)
2. 自賠責保険証明書 (現在のものと、これから2年間のもの。民間車検準備屋で契約できます。13,640円/24ヶ月)
3. 点検整備記録簿 (インターネットに転がっている記録簿を使ってそれっぽくチェックしておけばOKです。検査官はほんの0.2秒ほどしか見ませんから。)
4. 自動車検査証 (車検証)
5. 自動車検査票 [継続用] (運輸支局の窓口でもらえます。)
6. 継続検査申請書 [OCRシート] (今までは一枚30円で買う必要がありました。今は運輸支局の窓口でもらえます。インターネットからダウンロードできるようになると検査官が言ってました。)
7. 自動車重量税納付書 (運輸支局の窓口でもらえます。)
8. オンライン車検予約済みメールを印刷した紙、または、予約番号
9. 認印
10. 検査登録印紙 400円、審査証紙 1,300円、重量税印紙 3,800円、[合計 5,500円]  (私のゼファーは次回、初度登録から13年が経過するので重量税が 4,400円になります。18年を経過すると5,000円になるそうで。古いクルマは燃費が悪くて排気ガスが汚いので、環境のために新しい車に換えさせようと税金が高くなるのでしょうが、新しい車を作る環境負荷のほうが大きいと思うので古い車を大事に乗っているほど税金が安くなるべきではないかと。そりゃ、50年、100万kmとか乗っていたらさすがに延べ環境負荷は高くなるのでしょうが。
11. ギアシフト表示のシール (ハイパーモタードに元々貼り付けられていたシールがかっこ悪かったのではがしてしまいました。車検の時には貼り付ける必要があります。自作のものでもちろんOK。ガムテームに油性インキで手書きはNGらしい。)
12. 民間車検準備屋でのヘッドライト光軸調整 1,850円 (2年前より50円高くなった・・・のかな。)

Hypermotardのフロントフォークオイルシール交換

160911久しぶり(5年ぶり)にウェブページを更新しました。
Hypermotardのフロントフォークからオイルが漏れてきたのでオイルシールを交換することになったのですが、CDのサービスマニュアルは全くあてにならないし、インターネットを検索してもHypermotard 1100S(初期型)のフロントフォーク分解の情報がないのです。
いや、結構がんばりましたよ。フォークインナーチューブやアウターチューブに傷を付けながら。

ハイパーモタードで気持ちよく、いつもの温泉に。

なぜなのでしょう?
久しぶりに乗ったハイパーモタード、今日は最初の瞬間からとってもとっつきやすかったです。乗るときの乗り手の気分なんですよねー。
とはいえ、相変わらずの凶暴な加速と、曲がっている最中のフロントからの強烈なキックバック。でも良いんです、趣味のおもちゃですから。
片道50km、ハイパーモタードで私にとってちょうど楽しめる峠道の先にある温泉。消費税が8%になった際に、3時間500円から、時間無制限700円になってしまいました。3時間以上いることはないし、なんで700円?きっとたくさんの苦情が寄せられたのでしょう。1時間400円という料金プランが追加されました。これまた微妙。時間無制限で700円払うより、もちろん私は1時間400円を選ぶのですが。1時間って温泉でのんびりするのには、ちょいと足りない。時間を気にしながら湯に浸からないといけないのです。せめて1時間半にして欲しいなー。

二年に一度のイベント。一日でハイパーモタードとゼファーの二台、車検を通す。

二年に一度のイベントがやってきました。
一日でハイパーモタードとゼファーの二台、車検を通します。
事前準備を怠りなくやれば余裕でOKです。朝いちに一台、午後いちに一台の車検を通します。
朝7時半に出発して朝いちの車検を通して帰宅し、昼飯は我が家で済まし、午後いちで二台目の車検を通して、3時には自宅に帰ります。運輸支局まで片道25kmです。
同じ日に二台の車検を通せば、有休一日で済みます。非常に効率が良いのです。
今回、なぜか運輸支局はやたら混んでいて、大型・二輪ラインも混んでいました。国交省の現場係官も大忙し。いつもなら「ユーザー車検はやったことありますか。」とか訊いてくれて「大昔、やったことありますが自信がありません。」と答えるとつきっきりで教えてくれたのですが、今回はあまりにも忙しすぎて訊いてもくれません。仕方なく自分ひとりだけでやりました。おかげさまで手順を全て覚えました。今回、ラッキーだったのは光軸が二台とも一発でOKでした。つまり、二台とも一発OK。これまで、光軸に影響が出るようなサスとかの調整をしなくても二台に一台はなぜか光軸がNGになり、隣にある予備車検工場に持ち込んで1,800円くらい払って光軸調整をやっていました。
今回の事前準備で気付いた不備は、ゼファーの後ブレーキランプでした。かなり強く踏み込まないとブレーキランプが点きませんでした。今までこの状態で走っていたのは危なかったなーと思ったのでした。

今回の係官とのやり取り。
□ゼファー
係官「ハンドルは純正品(標準品)ですか?」 私「はい、純正品です。」 心の中で『ハンドルブラケットは交換しているけどハンドルパイプは純正品だし、ハンドルブラケット変更による全高の変化は2cmほどだからOKなはず。』 係官は全幅も全高も測定しませんでした。
□ハイパーモタード
係官「二人乗りするときの持ち手はどこですか?」 私「ここです。」シート後のウイング形状をつかみました。係官も確認のためつかんで強度と握り心地を確かめていました。前回も同じ質問を受けました。次にハイパーモタードのやけに幅広くて高い位置にあるハンドル、そしてハンドルバーエンドに付いているミラーに違和感を持った係官がスケールで全幅、全高を測定しました。幅に関してはミラーの端から端までの幅と、ミラーを除いたハンドルバーエンドの端から端までの幅を測っていました。車検証上にある幅と、ミラーを除いたハンドルバーエンドの端から端までの幅が合致したようでOKとなりました。まっ、この部分は完全ノーマルなのでNGになるはずないのです。

□ハイパーモタード
重量税: 3,800円
検査登録印紙: 400円
審査証紙: 1,300円
継続検査申請書(3号OCRシート): 25円
自賠責保険: 13,640円 (24カ月) ← 2年前より500円ほど安くなりました。
——————————————–
合計: 19,140円

□ゼファー (ハイパーモタードと同じ)
重量税: 3,800円
検査登録印紙: 400円
審査証紙: 1,300円
継続検査申請書(3号OCRシート): 25円
自賠責保険: 13,640円 (24カ月)
——————————————–
合計: 19,140円

2年後の車検に備えて全ての用紙を2セット持ち帰りました。3号OCRシート2枚(50円)も。
自宅で全て書き込んで行き、収入印紙だけ買って貼れば準備完了。
これで2年後の車検は朝いちの列の一番に並べるはず。

ハイパーモタードのタイヤ交換

昨日・今日と二日かけてハイパーモタードのタイヤ交換をしました。
結束バンドを使うとタイヤの脱着が簡単にできるらしい、を試してみました。MonotaRoで買った再利用可能な結束バンド長さ580mm10本入りを買ってがんばったのですが・・・
前輪120/70-17を取り外す際に結束バンド7本でタイヤを締め上げました。結束バンドを取り付ける(通す)ために私の場合シャコ万が必要でした。結束バンド7本でタイヤを締め上げるのに結構時間を費やしました。そして、タイヤレバー一本を一回使うだけでタイヤが外れました。(写真上) うーん、微妙。これなら普通にタイヤレバーを使ってタイヤを外すのと同じくらいの労力かなと。141116
次に新しいタイヤを8本の結束バンドで締め上げてホイールに取り付けようとしましたが、私の場合、どうやっても、どう考えてもホイールに取り付けられませんでした。結束バンドでタイヤを締め上げたのでタイヤの内径(ビード部分)が小さくなってしまい、タイヤのビードがホイールの3分の1くらいまでしか入りませんでした。
全然タイヤが入る感じがしなかったので結束バンドを取り外し、タイヤレバーとリムプロテクターを使って普通にタイヤを組みました。ホイールに傷を付けることなく脱着できました。
後輪のタイヤ交換はもう結束バンドを使おうとは思いませんでした。普通にビードを落として、タイヤレバーとリムプロテクターでタイヤを外してタイヤをはめようと。
ところが、180/55-17ラジアルタイヤはさすがに手強かったです。まずビードが落ちない。ビードブレーカーの作動部(作動ブレード)をホイールぎりぎりにセットしてぐっと押したのですが、作動ブレードがタイヤの表面を滑ってしまって力をかけるべきタイヤのビード部から外れてしまいます。とにかくホイールのぎりぎりを狙おうとしてついに作動ブレードでホイールのリム部分を少し傷つけてしまいました。うーむ、困った・・・で思いつきました。ビードブレーカーでタイヤを押し下げてリムとタイヤの間に隙間を作り、そこにリムプロテクターを装着します。これでホイールに傷をつける心配はなくなります。リムプロテクターぎりぎりに作動ブレードを入れて押し付けたり離したりしながらタイヤ&ホイールを移動してタイヤのビード部を作動ブレードに少しずつ近づけます。リムプロテクターを装着しているのでホイールを傷つける心配はありません。そしてやっとビードを落としました。ビードが落ちればあとは普通にタイヤレバーとリムプロテクターを使ってタイヤを脱着するだけなのですが180/55-17ラジアルタイヤとの格闘はかなりの力技が必要でした。リムプロテクターが移動してしまったり、あまりの集中応力に耐えられず切れてしまったり、リムプロテクターの端にタイヤレバーをかけて力をかけたらリムプロテクターが滑って動きながら厚さがほとんどなくなって膜のようになってしまったり。リムプロテクターは消耗品ですね。興和精機株式会社のリムプロテクターは良い感じです。リムにカチャっとはまる感じで信頼性が高いと感じました。アストロプロダクツのリムプロテクターも悪くないですが。
マルケジーニ純正のエアバルブが結構な値段するので交換は今回見送ろうと、ただし、空気をシールしているOリング(パッキン)の形状と寸法を確認して次回はOリング(パッキン)だけ汎用品を利用して交換しようと思っていました。エアバルブをホイールから取り外したらパッキンの断面形状が四角形でOリングではありませんでした。これでは汎用品を流用するというのはなかなか難しそう。パッキンの表面がエアバルブの金属製本体の座面とほぼ面いちでつぶし代がほとんどない感じです。今回はとりあえず液状ガスケットをパッキンに塗布して再利用することにしました。
当然ホイールのバランスを取る必要があるのですが、リアホイールの中心にある穴が大きすぎてホイールバランサーの円錐部品が使えません。円錐部品の最大径よりもリアホイールの中心穴の内径が大きいのです。私は数年前にこれを解決するためのワンオフ部品を作ったのでした。ポリアセタール(ジュラコン)の塊から削り出して2個の円錐部品を作りました。自分で製作そのものはできないので自分で図面を起こして樹脂加工のプロに注文しました。ついに活躍するときが来たのでした。
ふーっ、苦労したけど楽しかったこの二日間。

ハイパーモタードの部品交換、整備

久しぶりにハイパーモタードの整備です。
ハイパーモタードが新車購入から6年半経ったのでバッテリーを交換しました。ビッグツインなので始動時のバッテリー負担が大きいのです。もしセルモーターでエンジンがかからなくなったら完全にお手上げです。押しがけなんか絶対にできません。
台湾 YUASA シールド型バッテリー YT12B-BS: 5,900円

フロントディスクブレーキパッドを交換しました。
フロントのブレーキパッドは、これが4つ目です。純正brembo→ベスラ→ZCOO→RK
RK MEGA ALLOY X PAD シンタード 899MA-X: 7,000円/フロントブレーキキャリパー2個分
純正を含めこれまでのブレーキパッドは、握り始めで強烈に利きすぎてとっても危ないのです。ちょっとしたパニックブレーキで簡単に握りゴケしそうです。サーキットで200km/hからフルブレーキングするならこれでも良いのでしょうが。私には無理です。ブレーキパッドはどれも利きの強さを売りにします。じわっと利くブレーキパッドという売り文句はないのです。で、最近、どうやらRKのブレーキパッドはじわっと利くブレーキパッド、との話を聞いて買いました。握りゴケすることを思えば安いものです。本当にじわっと利くならば。
前後ブレーキピストンの洗浄と給脂、ブレーキフルードの交換、クラッチフルードの交換をしました。
残念ながら雨が降ってきて交換後の試走はできませんでした。

たった6,350km走っただけなのに後タイヤのウェアインジケータがぎりぎりです。来年2015年1月に車検を受ける際に通らない感じなのでタイヤを交換することにしました。今日注文しました。
PIRELLI DIABLO ROSSOII 120/70 ZR17, 180/55 ZR17 前後セット: 37,000円