[English]

[オートバイっていいよな〜、の世界]   このページの最終更新2007-01-04
Home

●現在の愛車
Ducati
Hypermotard 1100S


Kawasaki
Zephyr 750


Honda
XL250S


Honda
CG125


Yamaha
HX90


過去の愛車

用品等

ガレージ計画

日記

ダイシンオールアルミマフラー

このエキパイの曲線・こぢんまりとした消音器、大好きです。
でも一週間ほどでやめました。低回転でパーシャルを維持しようとしても回転がばらけます。低回転から加速しようとすると息継ぎします。高回転からアクセルを全閉すると下品なアフターファイアを起こします。近接騒音値は90dB(A)なのにアイドリングでとっても下品でうるさい音がします。
私が行った騒音測定の結果はこちらです。

下記は私がダイシンオールアルミマフラーを取り付けたときの説明文です。(ヤフオクに出品した際の商品説明の一部です。)
●取付け方法 【軽さと寸法精度の高さで楽勝です。】
軽くて寸法精度が高いので一人で楽々組み付けられます。重いノーマルマフラーを外す方が気を使うほどです。下記は私が脱着した際のメモです。参考にしてください。
○前準備
新品のエキパイガスケット4枚を注文します。品番11009-1866 価格210円/枚
作業の際、傷を付けないためにエキパイ周りのフレームと消音器取付け周りのスイングアームにガムテープを貼り付けます。
オイルクーラの固定ボルト3本を取り外し、ウェスを敷いたフロントフェンダにもたれかけます。
オートバイの下や周りに段ボールを敷いてマフラーを傷つけないようにします。
○ノーマルマフラー取り外し
センタースタンドを立てます。
消音器とエキパイ後端を締め付けているバンドをゆるめます。
消音器取付ボルトを外して消音器(片側4kg)を少し回す感じで後ろに引き抜きます。
左の消音器取付ボルトとワッシャー、防振ゴム及び右のワッシャーは集合管取付には不要なので保管します。
エキパイ集合部分の下にジャッキを入れます。(エキパイだけで7.4kgもあります。)
エキパイフランジの取付ナットを均等に少しずつゆるめます。
エキパイが落ちないように片手で支えつつ取付ナットをゆるめてエキパイフランジを外し、エキパイを外します。エキパイフランジを外す際にエキパイカラーが落ちてくるが気にしません。(私はエキパイを落としてしまいました。)
エキパイガスケットをシリンダヘッドから取り外します。
○メインスタンドの取り外し
メインスタンドを上げてサイドスタンドを出します。
スプリングがついたままメインスタンドの取付ナットを左右とも取り外します。
上がった状態のメインスタンドを手で少しこじる感じでボルトに無理がかからないようにしてボルトを抜きます。プラスチックハンマー等で軽く叩くと抜けます。
○集合マフラー取付け
エキパイガスケットの平らな面の方にグリスを塗ってシリンダヘッドの出口にガスケットを貼り付けます。(ガスケットのふくらみのある面がエキパイ側です。)
エキパイフランジをエキパイに通します。
紙テープかクラフトテープを使ってエキパイカラーをエキパイに仮固定します。(エキパイフランジをエキパイに通す前にこれをやってしまうのはお間抜けです。←私です。紙テープやクラフトテープなら熱で焦げて自然になくなります。ビニールテープ等を使ってはいけません。溶けてきれいなエキパイが台無しになります。)
1番4番のエキパイフランジをエキパイカラーの近くにテープで仮固定します。フランジの面を落としてある部分が内側に向くようにします。1番4番のエキパイとフレームの隙間が3mm程度なので後からフランジを持ち上げようとしてもフレームに引っかかってしまいます。苦労してエキパイを所定の位置に持って行っても無駄になってしまいます。悲しいです。←私です。
エキパイを所定の位置に持って行ったらエキパイフランジにナットを掛けて仮固定し、片手で集合部分を支えつつ消音器の取付けブラケットにボルトを通します。この際、消音器の取付けブラケットがタンデムステップホルダーの表側になるように(DICという文字が見えるように)します。つまり、ノーマルマフラーとは取付が反対になります。
エキパイフランジの取付ナットを均等に少しずつ締めます。
消音器取付ボルトにナットを取り付けて締めます。(ノーマルのワッシャーは使いません。)
オイルクーラを取り付けます。
フレームとスイングアームに貼り付けたガムテープを剥がします。
以上で終了ですが、一ヶ月ほど経ったらエキパイフランジのナットを増し締めした方が良いようです。ゆるんでいることがあります。

検索用キーワード: ゼファー750 zephyr 750 daishin DIC


私「みっく」のメールアドレス: webmaster AT SYMBOL nice2cu DOT jp