[オートバイっていいよな〜、の世界]   このページの作成2008-11-01、最終更新2008-11-01


Home

●現在の愛車
Ducati
Hypermotard 1100S


Kawasaki
Zephyr 750


Honda
XL250S


Honda
CG125


Yamaha
HX90


過去の愛車

用品等

ガレージ計画

日記
カブと自転車のコラボ

体にいいこと何かしないといけない、と言うことで自転車に乗り始めたのですが、結構楽しんでいます。
自分の体力だけで平均時速20km/h以上で走り続けることができる、というのはなかなか快感です。
オートバイとは違った気持ちよさです。

自転車: Basso Viper 2008年モデル
自転車の知識を得るためにたまたま買った本「まちがいだらけの自転車えらび」 ( エンゾ・早川 著)で、安い自転車のなかで推薦されていた自転車のなかで一番安い自転車です。
クロモリフレームのためフレームが細く、トップチューブがほぼホリゾンタルで、昔のロードレーサーっぽくて気に入っています。

中学生なら家を出てから帰るまでひたすら自転車ということになりますが、そこはそれ、私は大人なので、自転車で走って気持ちいいところだけを自転車で走りたい、という横着な気持ちがあります。
普通の大人は、自転車を四輪車に載せますが、私はオートバイ乗りなのでカブで引っ張ります。(因みに我が家にも四輪車はあります。念のため。)

最初、一番手っ取り早いのは自転車キャリアをカブにくくりつけちゃうことだろう、と思い、やってみました。ヤフオクで格安の自転車キャリアを手に入れ、取り付けました。
驚いたことに自転車キャリアに付属の取り付け部品と木片2つだけでカブの荷台にぴったりくっついちゃいました。
注目度は抜群だったのですが、ちょいと重心が高くて不安定、そして何より道路交通法違反なんですよね、これ。車体本体からはみ出しすぎです。
これならば誰も文句は言えまい。これはリアカーなんです。
戦後の日本経済を支えたカブ+リアカーは今でも合法です。

唯一の難点は、超小回りするとき、バックするときに自転車が倒れることです。
木片に直径9mmのアルミパイプを取り付けて、そこにフロントフォークエンドをかませます。
ゴムひもでステムチューブ付近をくくりつけます。
自転車の前輪はカブのタンデムステップと木片にくくりつけます。


 


私「みっく」のメールアドレス: webmaster AT SYMBOL nice2cu DOT jp