[English]

[オートバイっていいよな〜、の世界]   このページの最終更新2007-01-07
Home

●現在の愛車
Ducati
Hypermotard 1100S


Kawasaki
Zephyr 750


Honda
XL250S


Honda
CG125


Yamaha
HX90


過去の愛車

用品等

ガレージ計画

日記

ウィンカーリレーを電子無接点式に交換

アイドリング時等、回転の低いときにウインカーが点滅しなくなってしまい、バッテリー、レギュレータ、ウインカーリレー交換、ウインカー周りの接点部清掃等をしましたが直りませんでした。どこかで電圧降下しているんだろうなーとは思いましたが、対症療法的にウインカーリレーの電気負荷を下げようということで無接点式電子リレーに交換しました。
この改造は私の技術ではできないので、gizmoさんのウェブサイトで情報を得て、さらにgizmoさんからボランティア価格で部品キットを購入させていただきました。はんだごてで四苦八苦しながら何度も挫折しそうになりながらなんとかやり遂げることができました。点滅周期を決める電解コンデンサC1が4.7μFのままだと周期が60回/分になってしまい、これまた対症療法的に3.3μFにしたらいい具合に70回/分になりました。12V用に設計された回路を6Vに使うとこうなるのかな。電圧には関係ないはずなんだけど、まー結果オーライってことで。自分であーでもないこーでもないと苦労するのは楽しいことです。gizmoさんありがとうございます。
オリジナルのウインカーリレーは古式ゆかしいアルミの筒形状なんですが、ウインカーリレーの純正部品を注文すると樹脂製の小さな箱形状のものが来てしまいます。ところがこの無接点式電子リレーはコンパクトなためオリジナルの筒に入れることができます。外観上はオリジナルと同じになります。これはとってもうれしいです。(と言っても外から見える場所には付いていませんが。)
実はこのウインカーリレーの交換と同時にもしやと思い、キーシリンダーを取り外して中にCRC-556を吹き込んでカチカチ、カチカチと何度もやりました。この部分での電圧降下が点滅不良の原因だったのかもしれません。


私「みっく」のメールアドレス: webmaster AT SYMBOL nice2cu DOT jp